兵庫区の交通事故が多発する場所

兵庫区は交通事故の多い地域です。
特に、交差点は交通事故が発生しやすい場所でも知られており、歩行者や自動車、バイク、自転車で交差点に進入する際は、事故に対する警戒心を持ちながら通過する必要があります。
ここでは、兵庫区で交通事故が発生しやすい交差点をご紹介しています。

兵庫駅北

兵庫区内で特に交通事故が発生している場所として、兵庫駅北の交差点が挙げられます。
兵庫駅北の交差点は、JR兵庫駅から北側へ徒歩1分の場所にあり、付近にはローソン塚本通店や焼き鳥の秋吉兵庫駅前店、パチンコのOSなどがあります。
JR兵庫駅は利用される方が非常に多い為、それに伴い兵庫駅北の交差点も交通量が多くなっています。
兵庫駅北の交差点では車同士の接触事故や左折、右折時に確認を怠り歩行者を跳ねてしまう交通事故が発生しています。
原因として、北側から来た車が右折する際に交差点内で待機するスペースが狭く、南側からの直進車と接触するケースがあります。
また、朝方や夕方から夜にかけて通勤・通学により歩行者の数が増える為、特に事故が発生しやすい時間帯となっています。

長田

阪神電鉄神戸高速線高速長田駅近くにある長田交差点では交通事故が多発しています。
片側5車線の道路が交差する為、とても大きな交差点となっています。
付近には神戸市営地下鉄西神・山手線長田駅(長田神社前)や兵庫トヨタ自動車神戸店、コメダ珈琲高速長田駅前店、TSUTAYA高速長田店などがあります。
駅前で商店街が近いという事もあり人通りが多く、バスやトラックなどの大型車も多く行き来しています。
車やバイク、原付の接触事故や、歩行者が横断歩道を歩行中に跳ねられる事故が多くみられます。
西から東に向かって走行する際に左折レーンと直進レーンに分かれる為、慌てて直進レーンから左折レーンに入ろうとした時に接触したり、その逆の状況により事故が発生します。
自転車やバイクの交通量が多い為、接触事故や巻き込み事故も多くみられます。

大開通8丁目

交通事故は大きな交差点で発生しやすくなっていますが、神戸市兵庫区の中では当院から北側へ歩いて1分ほどにある大開通8丁目の交差点で交通事故が多発しています。
大開通8丁目の交差点は角に関西スーパーやホームセンターダイキ、不二家があり、通勤、通学や買い物に行かれる方などで人通りが多く、生活主要道路となっています。
事故が発生している時間帯としては通勤時間帯である朝と夕方から夜にかけて特に多くみられ、どちらも通勤、通学により交通量や歩行者が多くなる時間帯です。
また片側4車線と大きな道路の為、日中でもバスや大型トラック、乗用車などの交通量が多くなっています。
データによると大開通8丁目の交差点は、交差点近くで急ブレーキをかけた回数が多いといった統計が出ており、車同士や車と歩行者が接触しかけた頻度が高い場所であるといえます。

二番町1丁目

交通事故が多発している場所として二番町1丁目の交差点が挙げられます。
二番町1丁目の交差点付近には、西市民病院やガソリンスタンドのエネオス、日産プリンス兵庫販売兵庫営業所などがあり、片側5車線の大きな交差点となっています。
東から西に向かって走行する場合は交差点を過ぎると右カーブとなり、減速すれば問題ないのですが、西から東に向かう場合、左カーブを過ぎるとすぐに直進レーンと右折レーンに分かれています。
また、右折レーンは右側2車線にあり、見通しが悪い交差点を過ぎた瞬間に車線変更をするかどうかの判断が瞬時に求められる為、初めてこの道を通過する際は高度な判断力が必要となります。
その為、直進しようとしている車が誤って右折レーンに入ってしまい、右折しようと待機している車に衝突してしまうケースが多くみられます。
このような場所ではしっかりと減速し、周囲の状況をしっかりと把握できるよう余裕を持つ事で交通事故を回避する事ができます。