一旦停止を無視した乗用車と衝突

兵庫区松本通在住 30代男性

原付で走行中、一旦停止を無視した乗用車と衝突。
原付は大破し、男性は数メートル飛ばされました。
顎の右側と右腕に大きめの擦り傷があり、首は酷いむち打ちになり、常に吐き気がする程でした。

初診時は気分が悪い状態

整形外科にてレントゲン検査の結果、骨に異常は無し。
しかしむち打ちには電気治療と湿布と痛み止めを処方されるのみの対応に不満を覚え、事故から4日目で当院に来院されました。
初診時はかなり顔色が悪く、むち打ちのせいで気分が悪く、食事もろくにとれていない状態でした。
かなりの熱感があり、動かすと痛みと吐き気が出てしまうので、まずは特殊な電気治療器で炎症を抑えました。
家でのアイシングもしっかりして頂いたことが功を奏し、翌日には熱感はほとんどなくなりましたが、筋肉の緊張が強く手技治療が難しかったため、軽い運動療法にて徐々に筋肉を緩めました。

全身の骨格調整で、首にかかる負担を軽減

そしてバイタルリアクトセラピーで全身の骨格調整を行い、首にかかる負担を減らしました。
週に3日通院された結果、1ヵ月程で酷い痛みは治まりましたが、ゆるい痛みや関節の可動域の制限が残っていたため治療は継続しました。
かなり大きな事故でしたが5ヵ月程で痛みはなくなり、関節の可動域も異常は無くなったので治療を終了しました。

事故から半年経った今は痛みは全くなくなり、快適に

『患者さんの感想』
交通事故は初めてで分からないことだらけでしたが、順を追って説明してもらえて手続きの不安はありませんでした。
保険会社との電話のやり取りも先生が代わりにして頂けたのでスムーズに話が進みました。
顎の傷は痕が残ってしまったのですが、この傷痕はちゃんと手続きすれば通院慰謝料とは別に慰謝料が貰えると教えて頂いて、保険会社は全く教えてくれなかったので大損するところでした。
提携している弁護士の先生もいらっしゃるので、自分で手続きをする手間もなく助かりました。
あのまま整形外科に通っていたら治療は満足出来ない、手続きは大変、慰謝料もろくに貰えないという状況を想像するとゾッとします。
事故から半年経った今は痛みは全くなくなり、快適に過ごせています。
かなり痛かったので後遺症の心配がありましたが、今は何の心配もありません。
もし、また痛みが出てもたかはし先生に診て貰えば大丈夫という安心感があります。
これを読んでいる貴方に万が一事故が起こってしまったなら、たかはし整骨院さんに相談されることをオススメします。